今からでも大学受験間に合うのか

仮面浪人が3か月で慶応大学合格を目指す

未分類

センター試験での出来事にて

投稿日:

例のごとく本日も何もやっておりません。

 

1日中寝ておりました。

 

10時まで起きていたんですが、寒いため部屋に戻り

 

横になっていたら6時間睡眠していました。

 

そのあとまた寝ました。

 

起きたのは10時前です。

 

結局寝ていたでけです。

 

本を数ページ読んだだけですね。

 

一応今日思ったことをアウトプット。

 

組織は大きくなるにつれ動きにくくなるものです。

 

例えばハンコ一つにいくつもの手順を踏まないといけないなど

 

という無駄なルールや工程が必要になったり増えるということですね。

 

これで思ったのは、センター試験の時、

 

リスニングである一人の受験者が試験監督の指示より前に

 

ボタンを押してしまったことがありまして

 

何を押したかというと問題のボイスではなく音声調節のボダンなんですよね、

 

でも試験監督の指示より先に押してしまった。

 

それ故に一度その人の機材を回収して、一からやり直させていたんですよ。

 

はっきりいって必要ないですよね。

 

事実その数秒後に音声調節してくださいという指示があったので

 

たかが数秒だけ工程をフライングしただけで、一からやり直せさせられる

 

必要があったのか。

 

本題のボイスを再生してしまったならわかりますよ。

 

でもはっきり言ってどうでもいい音声調節のためのボタンを押したということで

 

一からやり直しさせ、全体の時間を遅らせる必要はあるのか。

 

本質的に全くないですよね。

 

 

でもこれが行われたのはなぜか、

 

「ルール」だからです。

 

ルールだから、善悪関係なく決まっていることだからです。

 

決まっていることだから柔軟にもっとできるはずであろうが

 

関係ないのです。

 

ルールだから。

 

そのため試験官もはっきり言って必要ない時間を

 

受験者に課したわけですね。

 

これがもっと小さい、

 

個人的な塾などであればこんなことはしないでしょう。

 

まぁ、本番を想定してやるなどという場合は

 

この限りではないでしょうが、それでも

 

厳格な古典的な人でないとそんなことをしないでしょう。

 

だって必要ないんですもん。

 

それにめんどくさい。

 

自分がトップで責任者であれば

 

どうでもいい工程をすっぽかしたやつがいても

 

ちょっと止めて待ってろ。

 

それぐらいしか言わないでしょう。

 

というわけで大きな組織になるほど

 

無駄な時間が増え、本来の仕事そのものをやる時間が

 

減るという話でした。

-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

読むのが遅い

今日は5時に寝て8時に起きたのですが寒くて寝ました。   結局3時まで。   それからずっとセンター試験日本史Bの点数が面白いほどとれる本改訂第2版 を読んでいました   …

ターゲット1900を3日でマスター 1日目

英語の勉強は単語からとこちらの記事で書いたのですが →大学受験の英語勉強何から始めるのか   この記事で3日で2000単語覚えられるという趣旨のことを書いたんですよね。   それで …

モチベーションないが

1月22日   毎日記すとは言ったものの   タイトルを日付にするのは味気ないので形式について悩み中です。   一応長文を読むことにしました。   勉強するつも …

有言不実行

タイトルの通りです。   言ったこと、決めたことをしない。   この繰り返し、   センターまで1週間、焦りはあるが2回目の受検のために謎の落ち着きがある。   …

no image

一週間あれば試験に受かる

はい、どうも。   本日は二度寝いたしまして起きたのは13時前ということでした。   寝た時間も4時ごろだったので一回7時に起きれたのが奇跡のようでしたけど。   寝るつ …

error: Content is protected !!